MINI

MINI WRCから撤退へ

BMWグループのMINIは、WRC(世界ラリー選手権)へのワークスとしての参戦を、2012年シーズンをもって終了すると発表しました。

MINIは、カントリーマンをベースに開発した「ジョンクーパーワークスWRC」で、2011年シーズンからWRCに参戦していました。

わずか2シーズンで、WRCから撤退することになったMINI。その理由は「商業的に運営が困難だ」と説明していますが、実際のところは、シトロエンDS3とフォード フィエスタに、車両の能力もエンジニアリング的にも全く歯が立たなかったということでしょう。2012年1月のモンテカルロラリーでプロドライブMINIのダニ・ソルドが2位に入ったことは、単なるラッキーデイだったようです。

Advertisement
Tags
Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Close