1 / 2-SeriesBMWGreenTech

BMW Active Tourer Concept ファーストフォト

BMWは、今月のパリモーターショウで初出展する1シリーズベースのFWDカー「アクティブツアラーコンセプト」のファーストイメージフォトが公開されました。このコンセプトカーは、BMWがMercBクラスMPVの対抗として準備している「1シリーズ グランツーリズモ」として発売されるクルマです。

しかし、今回のコンセプトカーは、BMWスペシャルではく、次期MINIとプラットホームを共有する予定となっています。ということは、BMWとしては始めて前輪駆動のクルマを投入することを決断した、と言えます。
このBMWグループの新プラットホームは「UKL1」と呼ばれており、2つのモデルで展開されます。また、次期MINIカントリーマンのために4輪駆動の搭載も可能とします。

サイズですが、全長4,350mm、全幅1,834mm、全高1,560mm、そして2,670mmのロングホイールベースが特徴です。なお、メルセデスのBクラスは全長4,359mm、全幅1,786mm、全高1,557mmですので、ほぼ同じサイズと言えます。

フード下ですが、このスタディーは、プラグインハイブリッドとなっており、近々に発表される3気筒の1.5リッターターボとリアアクセル上にマウントされるモーターとのシンクロとなります。最高出力は188hp、0-100km/hは8秒以内、最高速度200km/hという好タイムとなります。燃費ですが、2.5lt/100km(約40km/L)、CO2排出量は60g/km以下となります。

BMW Active Tourer Concept ファーストフォト

オフィシャルビデオ:BMW Concept Active Tourer.

Advertisement
Tags
Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Close