3 / 4-SeriesBMWBMW

BMW M3 GTSがやってくる!

YouTubeのBMWチャネルに、M3クーペのハイチューン版「M3 GTS」のPVがアップされました。不況を嘲笑うかのようにマッシブなリアウィングを装着したこのM3、スタンダードM3の4リッターエンジンをベースにした4.4リッターV8をマウントしています。マックスのパワーは450bhp!(M3より36bhpのアップ)。 M3 GTSはBMWモータースポーツのノウハウを応用して開発されており「ナンバープレートの付いたレーシングカー」をコンセプトにしている。付いた名称は「究極の3シリーズ」。


>


7速のデュアルクラッチトランスミッション(M-DCT)、19インチの専用アルミホイール、そして何よりもハイレベルのダウンフォースを創り出す専用のリアウィングがGTSの証。

「究極の3シリーズ」の「前王者」、M3 CLSが持つニュルブルクリンクのラップタイムを打ち負かしたようだが、この要因はボディの軽量化にある。M3クーペで採用済みのカーボンファイバールーフに加え、リアウインドウには「マクロロン」と呼ばれるポリマーをグラスファイバーで強化した樹脂を採用し、さらに、エアコン、オーディオ、ナビゲーション、リアシートを大胆に省略している。結果、V8ユニット搭載車としては脅威の1490kgの車重を実現。

気になるプライス。欧州では€115,000なので、USでは$170 614となり、日本では2000万ジャストくらいかな。ドイツでのデリバリーは、2010年の5月が見込まれている。自分の車として乗ることなど、遠い夢物語であることは、身の丈知らずといわれる自分でも理解できる。公道を走っている姿を1度見るだけでも幸せだ、と思っている。

Advertisement
Tags
Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Close