BMWBMWCAROUSEL

2011 BMW Performanceパーツ

BMWは来月のジュネーブモーターショウで、新しいBMWパフォーマンスパーツを発表します。フェイスリフトした1シリーズクーペ&コンバーチブル用のパフォーマンスパーツが公開されました。3er、X5、X6用のパーツもジュネーブショウで公開されるようです。まず、最初に目がいくのがボンネットやトランクリッド、ルーフへのスポーツストライプ。2007年東京モーターショウで鮮烈なワールドプレミアを飾った「コンセプト1シリーズ tii」の復活をイメージします。

また、パフォーマンスパワーキットを4気筒ディーゼルエンジンにも拡張します。パフォーマンスの改善はソフトウェアとハードウェアの変更により達成します。ソフトウェアの最適化と、ハードウェア的にはインタークーラーを大型化し、メインラジエーターのファンを新しくすることにより、320dのユニットは177 hpから197 hpへと出力アップが可能となっています。

BMW Performanceのサイレンサーシステムも刷新されているようです。独特なエキゾースト・サウンドを創り出すだけではなく、スロットル・レスポンスも向上することからBMWパフォーマンスの人気パーツとなっています。74mmのクロームテールパイプがデザイン的にもサウンド的にもスポーティーです。2011年よりBMW X5 xDrive35iとBMW X6 xDrive35iモデルも利用可能となります。

そして、BMW Performanceの目玉パーツの一つ、BMW Performanceスポーツステアリングホイールも刷新されます。ステアリングの上部にあるファンクションディスプレイがLEDになり、高価なポリカーボネイトグラス製となります。このニューステアリングホイールは、1シリーズと3シリーズに設定が可能です。

フォトコレクション

ビデオ

Advertisement
Tags
Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Close