3 / 4-SeriesBMWBMW

BMW M340i xDrive ツーリング オフィシャルフォトを公開

 

パワートレインとシャシーは、BMW M GmbHによりレーストラックでの経験を生かした技術が加えられた、3シリーズの頂点に立つモデルです。2019年11月より「BMW M340i First Edition」の販売が開始されます。

オフィシャルフォト

直列6気筒エンジンの熱管理システムがさらに充実

新世代のモジュラーエンジン、Bシリーズの直列6気筒エンジンがモディファイされています。最高出力は275 kW/374 hpとなっており、前モデルの340iと比べ35kW/48hpアップ、また、ピークトルクも50Nmアップし、500Nm (369 lb-ft)と発表されています。 BMWが「M TwinPower Turbo technology」と呼んでいる気筒間の排気干渉を防ぐツインスクロールターボチャージャーを搭載した技術ですが、Bシリーズから各気筒の吸気ポートの手前に水冷式インタークーラーを置いているシステム(BMWでは「indirect charge air cooling 」と呼んでます)を採用しました。水は空気と比較し熱伝導率が約20倍とも言われており、冷却効率が高いという理由もあると思いますが、それ以外にも直列6気筒エンジンの場合エンジンスペースの確保が必要となりますので、水冷システムを採用することによってスペースを有効活用できる、という利点もあります。

冷却システム周りで追加のトピックとしては「M Technic Package」というオプションが用意されていることです。高温環境下でのスポーツ走行時にすばやく冷却するために2つのラジエーターが追加で搭載されます。

また、ウォーターポンプは機械式から電動式となりました。冷却水の流量をECUの計算でリアルタイムに切り替えられるというメリットは理解できるのですが、高温のエンジンルームに電子基板を置いて大丈夫なのか?と素人目で考えてしまいますが、何らかの対策をしているのでしょう。

 

 

 

 

 

Advertisement
Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Check Also

Close
Close