GreenTechPeugeotPSA

世界初のディーゼルハイブリッドPeugeot 3008 Hybrid4

フランスのオートメーカー、プジョーは世界初となる量産型ディーゼルハイブリッド「Peugeot 3008 Hybrid4」を発表しました。「Hybrid4」と命名されている通り4輪駆動モデルで、前輪は最高出力163HPの2.0リッターターボディーゼル、後輪は27HPの電気モーターで駆動します。センターコンソールにマウントされたダイヤルで、4つのオペレーションモードを選択できるようになっています。他社のガソリンハイブリッドのアプローチとは異なるユニークな発想です。

「Auto」モードにすると、電気制御ユニットがディーゼルエンジンとモーターを自動選択してくれます。「ZEV」モードにすると電気モーターで完全に走ります。ZEVはゼロエミッションビークルの略です。「Sports」モードにすると、この車の最大パフォーマンス200hpを発揮できるセッティングになります。

新開発となるディーゼルのユニットは新機構のStop & Startシステムを備え、電気制御の6速MTシーケンシャル・トランスミッションを搭載しています。

車の減速時にエネルギー回生システムが作動しますが、電気モーターの側に位置するNi-MH (Nickel Metal Hydride) にリチャージされる仕組みです。

3008 Hybrid4の燃費ですが、約30km/リッターに達しCO2排出量も99g/kmという超エコノミー仕様。日本のプリウスよりも上回る数字です。
そして上記で紹介した通り「Sports」モードにすることにより200hpのターボディーゼルの世界も楽しめるという点も見逃せない。0-100km/hは8.8秒で最高速度は209km/hです。

2011年の4月から欧州で発売開始となります。この車は欧州で大ヒットとなるでしょう。

フォトコレクション

プロモーションビデオ

Advertisement
Tags
Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Close