Volkswagen

2011 VW Touran MPV

VW Touranの2011年モデルが欧州でデリバリーが開始されました。今年4月にライプツィッヒモーターショウで発表された最高出力105HPの新しい1.2リッターTSIエンジンを搭載しています。燃費は21.74km/リットル(欧州複合モード)でC02排出量は139 g/kmというエコエンジンです。

ブランニューモデルというよりも、フェイスリフト的な大型LCIという位置づけですが、ほぼブランニューモデルに近いアップグレードとなっています。前モデルのトゥーランは旧型ゴルフのプラットホームを利用していましたが、2011年モデルは、新型のゴルフプラットホームを採用しています。

エクステリアですが、フォルクスワーゲンの最新デザインDNAを取り入れたフロントマスクにリフレッシュされています。バイキセノンヘッドライトを採用し、LEDデイタイムランニングランプがヘッドライトに内蔵されます。また、リアのデザインが大きく変更。これまで縦型だったテールライトは、ボディとテールゲートにまたがる横型に改められています。

インテリアは、トリムの形状が刷新され、3本ステアリングホイールを新たに採用し、DSGのシフトレバーのデザインも新しくなっています。また、VW純正の5インチタッチナビゲーションシステム「RNS310」を採用。

ビデオ

Advertisement
Tags
Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Close