BMWMINI

MINI Countryman オフィシャル

今週始まったばかりのMINI カントリーマンのティーザーから2日、早くもオフィシャルフォトがリリースされました。
今年3月のジュネーブショウでお披露目の予定でしたが、MINIの強力なライバルとなるAudiA1のプロモーションが始まった事に触発されたのか、異例の早期オフィシャルフォトの公開と言えます。





カントリーマンの全長は4097mm、ホイールベースは2595mmのベビーSUV。MINIの歴史上で初めて全長が4mを超えたクルマとなります。MINIの幹部は「カントリーマンがMINIブランドにとって大きさの限界だ」と発言しており、MINIモデルでトップに位置するモデルとなります。

ラインアップは他のMINIと同様に、「MINI ワン カントリーマン」「MINI クーパー カントリーマン」「MINI クーパーS カントリーマン 」となります。
「ワン」「クーパー」は1.6リッター直列4気筒 DOHCエンジンで、「BMWテクノロジー」である可変バルブリフト機構のバルブトロニックを装備しています。最大出力はワンが98HP、クーパーが122HP。
そして、「クーパー S」は1.6リッター直列4気筒 DOHC 直噴にツインスクロールターボを組み合わせた最新エンジンで、最高出力は184HPとなります。

なお、本モデルの最大の特徴となる4WD機構「MINI ALL4」は「クーパー S」のオプションとなります。

カントリーマンのインテリアフォトで目に付くのが前席中央から後席中央に及ぶ「センターレール」と呼ばれる溝。レール上の好きな位置にカップホルダーなどを取り付けることができる。このレールには携帯オーディオデバイスも取り付けることができるようになっています。

以下、BMWのプレスリリースです。


MINIファミリーに第4のモデル、MINI Countryman( 日本市場でのモデル名は未定。日本独自のモデル名を検討中) が加わった。MINIの持つ独特のフィーリングが、このモデルの登場によってかつてない次元へと広がる。純粋なクロスオーバー・モデルとして登場するこの第4のモデルは、伝統的なMINI特有のコンセプトと現代的なスポーツ・アクティビティ・ビークルの魅力を結びつける一台である。街中や郊外を走る機会をさらに広げるMINI Countrymanは、これまで以上に広々とした空間や多様な使い勝手を持つクルマを求める新たなターゲット・グループに向けて、MINIならではのユニークなドライビング・プレジャーを提供する。MINI Countrymanは、MINIファミリーとして初めて4枚のドアと大きく開くテールゲートを装備したモデルであり、空間をさまざまな用途に活用できる自由度に優れている。また、シート・ポジションをやや高い位置に設定したことで、走行上の安心感も向上している。さらに、乗る人とクルマが完全に一体化するMINIならではの走りを生み出し、MINIの特徴的なゴーカート・フィーリングをこれまでと同様に楽しむことができる。オプションに設定されている四輪駆動システム「MINI ALL4」を用意し、本物の走りを求めるドライバーにとってもさらに魅力的なモデルである。つまりMINI Countrymanは、MINIブランドの特徴的なデザインとプレミアム・カーとしての高いクオリティ、優れたハンドリング、高い効率性、個性化の可能性を、かつてない魅力的なスタイルであますところなく提供する一台である。

・MINIブランドの卓越したスタイルとクオリティを備えたMINI Countrymanは、最低地上高を大きく設定し、フロントとリアに4枚のドアを装備した大型のボディに、MINIならではのデザイン性を加えたモデルである。フロントとリアの短いオーバーハング、高めに設定されたウインドウ・ライン、しっかりとした力強いスタンス、室内を取り囲むようにデザインされたウインドウによって、MINIを特徴付ける独特のプロポーションを形作っている。このMINI Countrymanは、ルーフラインや六角形のラジエター・グリル、エンジン・フードの左右に配置された大きなヘッドライト、サイド・ターン・インジケーター周り、大きく膨らんだホイール・アーチ、アップライトにデザインされたテール・ライト・クラスターなどのMINIを象徴するデザイン要素を、気品ある新たなスタイルで表現したモデルでもある。

・MINI Countrymanは、MINIの典型的なデザインを受け継ぎながら、自らの持つ独自のキャラクターを目に見える形として表現している。フロント・エンドにアップライトに取り付けられたバーは、強烈な存在感を印象付けると同時に歩行者の安全性にも貢献する。これまでよりもウインドウを大きく設計し、4枚のドアを備え、ルーフを独特の形状にデザインしたことによって、室内はさらに広くなった。ボディ下部を取り囲むワイドなフレームと、パワフルに張り出したホイール・アーチは、このモデルの強靭なキャラクターと四輪駆動システムの存在を色濃く表現しており、新たなセグメントに疑問の余地のない明確さと緻密さでMINI特有のスタイルを取り入れたMINIの新型クロスオーバーは、まったく新しい革新的なモデルでありながら、ひと目でMINIとわかる一台である。

・MINI Countrymanは、室内にもMINIブランドならではの空間が広がり、随所に革新的なデザインや機能性が盛り込まれている。シート・ポジションをこれまでよりもやや高い位置に設定したことで乗り降りもしやすくなり、前後左右の視界も向上し、さらにこのニュー・モデルのパワフルなキャラクターを強調している。センター・メーターとエア吹き出し口の周りには、塗装仕上げを施したリングを装着。従来のセンター・コンソールに代わって室内を前後に伸びる「MINIセンター・レール」は世界にも例のない装備品であり、小物入れやカップ・ホルダー、外部オーディオ機器、携帯電話を始めとしたあらゆる快適装備品を組み込むための新たな可能性を切り開くものである。これらは好きな位置に固定できるはめ込み式エレメントが装備されており、小物入れにはドライバーと助手席の乗員が小物入れ内部の仕切りを必要に応じて設定できるため、さまざまな用品や道具類をすぐに手の届く場所に収めておくことができる。またこのセンター・レールは、デザインと機能性の両面で前席と後席をつなぐ画期的な役割も果たすものである。

・MINI Countrymanには、4つのシートが標準装備され、オプションとして3人掛けのシート・ベンチが用意される。フット・スペース、ヘッド・クリアランス、ショルダー・スペースを広く設計した室内は、長距離ドライブでも快適に過ごすことができ、リア・シートは、それぞれ前後位置とバックレストの角度を個別に調節することができる。シート・ベンチの場合も60:40の比率で前後位置を、また40:20:40の割合でバックレストの角度を個別に調節でき、バックレストを完全に折り畳むと、ラゲッジ・コンパートメント容量は通常の350リッターから1,170リッターに広げることが可能。

・MINI Countrymanには、ガソリン・エンジン仕様車3車種と、ディーゼル・エンジン仕様車2車種を用意している。いずれもBMWグループの持つノウハウをもとに開発された新世代型パワー・ユニットを搭載し、EU5とULEV IIの2つの排出ガス規制をクリアする。MINI Countrymanの最高出力は、ベーシック・モデルのMINI One D Countryman*が66 kW(90 ps)で、最もパワフルなMINI Cooper S Countryman*は135 kW(184 ps)に達する。このトップ・モデルに搭載される排気量1.6リッターのガソリン・エンジンには、MINIブランドとして初めてツイン・スクロール・ターボチャージャーとダイレクト・インジェクション、無段階可変バルブ制御システムを採用し、エンジン出力と燃料消費量のバランスをクラス最高水準に高めている。また、このMINI Countrymanには、「MINIMALISM(ミニマリズム)」コンセプトの一環として、ブレーキ・エネルギー回生システムやオート・スタート・ストップ(オートマチック・エンジン・スタート/ストップ)機能、シフト・ポイント・インジケーター、オンデマンド制御式の補機類など、燃料消費量と排出ガスを削減するためのさまざまなシステムを、モデルごとに最適に組み合わせて標準装備している。さらに、標準搭載される6速マニュアル・トランスミッションに代わって、ステップトロニック付6速オートマチック・トランスミッションを搭載することもできます。

・MINI Cooper S CountrymanとMINI Cooper D Countrymanには、オプション装備品としてフルタイム四輪駆動システム「MINI ALL4」を設定している。このシステムは、ファイナル・ドライブに直接取り付けられた電子制御油圧式ディファレンシャルによって、前後アクスルの駆動力配分を無段階に制御するものである。通常の走行条件ではエンジン出力の最大50 %を、過酷な条件下では最大100 %をリア・ホイールに配分し、これによってMINI特有の俊敏なハンドリングと、かつてないほどの高いトラクションを実現させる。このパワートレイン・テクノロジーのもたらす優れたトラクションは、最先端のサスペンションによって路面に伝達される。このサスペンションは、マクファーソン式スプリング・ストラットと鍛造製のトラック・コントロール・アームを装備したフロント・アクスルとマルチリンク式リア・アクスル、サーボトロニック付電動パワー・ステアリング(EPS)で構成されている。MINIの新型クロスオーバーには、この他にもダイナミック・スタビリティ・コントロール(DSC)が標準装備され、ダイナミック・トラクション・コントロール(DTC)とフロント・アクスルに装備される電子制御式リミテッド・スリップ・ディファレンシャルがオプション装備品に設定されている。さらに、MINI Cooper S CountrymanとMINI Cooper D CountrymanのMINI ALL4装備車には、DTCも標準装備されている。

・万一の衝突の際に最大限の安全性を提供するために設計されたボディ構造は、衝撃時の負荷を適切に分散させるための負荷分散経路とデフォーメーション・ゾーンが緻密にデザインされ、最高水準のパッシブ・セーフティを実現する。またフロント・エアバッグ、サイド・エアバッグ、前席および後席左右のカーテン・エアバッグ、すべてのシートに内蔵された3点式ELRシートベルト、フロント・シートのシートベルト・テンショナーとベルト・フォース・リミッター、リア・シート内蔵式のチャイルド・シート装着用ISOFIXブラケットが標準装備されます。この他にも、タイヤ空気圧警告システムを標準装備し、ランフラット・タイヤをオプション設定しています。また、MINI Cooper S CountrymanのMINI ALL4装備車には、ランフラット・タイヤが標準装着されている。

・エクステリアおよびインテリアを個性豊かに演出するMINIならではの多彩なオプションに、MINI Countryman専用の新しい製品が加わった。インテリア・カラー、トリム、内装の新たな組み合わせを実現したことで、こだわりのあるお客様が、独自の個性豊かなキャラクターを備えた特別な一台を作り上げることができる。MINIの新型クロスオーバーには、エア・コンディショナー・システムやMINIセンター・レール、CDプレーヤー内蔵のオーディオ・システムなど、多彩な装備品を標準装備してる。またハイエンド・オーディオ・システムと一体化したナビゲーション・システム、アップル社製iPhoneやその他のスマートフォンにも対応した携帯電話接続用インターフェースなど、モデルごとに仕立てられたオプション装備品や特別装備品も数多く用意している。さらに非常に大きなパノラマ・ルーフ、キセノン・ヘッドライト・ユニットと組み合わされたアダプティブ・ヘッドライト、フロント・ウインドウ・ヒーター、トーバー・システム、16〜19インチの各種アロイ・ホイール、車高を10 mm低く設定するスポーツ・サスペンション、John Cooper Worksブランドの各種アクセサリーも、オプション装備品として設定されている。

MINI Cooper S Countryman:
ツイン・スクロール・ターボチャージャーと燃料直接噴射装置、BMWグループのバルブトロニック・テクノロジーをベースにした無段階可変バルブ・マネジメント・システムを装備した4気筒ガソリン・エンジン、総排気量1,598 cc、最高出力135 kW(184ps)/5,500 rpm、最大トルク240 Nm/1,600rpm(オーバーブースト時:260 Nm)、0〜100 km/h加速性能値7.6秒、最高速度215 km/h、100 km 走行あたりの平均燃料消費量(EU基準)6.3リットル、CO2排出量146 g/km。

MINI Cooper Countryman:
BMWグループのバルブトロニック・テクノロジーをベースにした無段階可変バルブ・マネジメント・システムを装備した4気筒ガソリン・エンジン、総排気量1,598 cc、最高出力90 kW(122 ps)/6,000 rpm、最大トルク160 Nm/4,250rpm、0〜100 km/h加速性能値10.5秒、最高速度190 km/h、100 km 走行あたりの平均燃料消費量(EU基準)6.1リットル、CO2排出量142 g/km。

MINI One Countryman:
BMWグループのバルブトロニック・テクノロジーをベースにした無段階可変バルブ・マネジメント・システムを装備した4気筒ガソリン・エンジン、総排気量1,598 cc、最高出力72 kW(98 ps)/6,000 rpm、最大トルク153 Nm/3,000rpm、0〜100 km/h加速性能値12.7秒、最高速度175 km/h、100 km 走行あたりの平均燃料消費量(EU基準)5.9リットル、CO2排出量137 g/km。

MINI Cooper D Countryman:
アルミニウム・クランクケースを採用し、コモン・レール式燃料噴射装置と可変タービン・ジオメトリを装備した4気筒ターボディーゼル・エンジン、総排気量1,598 cc、最高出力82 kW(112 ps)/4,000 rpm、最大トルク270 Nm/1,750rpm、0〜100 km/h加速性能値10.9秒、最高速度180km/h、100 km 走行あたりの平均燃料消費量(EU基準)4.4リットル、CO2排出量116 g/km。

MINI One D Countryman:
アルミニウム・クランクケースを採用し、コモン・レール式燃料噴射装置と可変タービン・ジオメトリを装備した4気筒ターボディーゼル・エンジン、総排気量1,598 cc、最高出力66 kW(90 ps)/4,000 rpm、最大トルク215 Nm/1,750rpm、0〜100 km/h加速性能値13.2秒、最高速度170km/h、100 km 走行あたりの平均燃料消費量(EU基準)4.3リットル、CO2排出量113 g/km。

フォトコレクション

Advertisement
Tags
Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Close